家での脱毛は面倒・・・

ムダ毛の自己処理はお風呂で、という人も多いのではないでしょうか?
ただ、困るのは、お風呂場は視界が悪いこと。
しかもコンタクトの人は外すでしょうし、湯気で視界が悪くさらに見えなくなります。
ムダ毛の自己処理はカミソリを使うこともあって危ないし、よく見えないときちんと処理できません。

また、ムダ毛処理は頻度が多く面倒に思いますよね。

短い毛がたくさん生えている方は、生えかけの状態がみっともないことになりますし、
アトピー持ちで肌が弱い人は、脱毛ワックスを塗って放置しておくには不安です。

ムダ毛処理はカミソリ派が多いと思いますが、
カミソリだとどうしても週に何度かは処理しないといけないです。
手早くやっても10分弱はかかます。
それが毎回毎回だと、、、トータルでかなりの時間になってしまいます。

脱毛サロンで全身脱毛する人が多いのも理解できますよね。

脱毛サロンでの主流の脱毛方法は?

現在脱毛サロンでの主流の脱毛方法は、フラッシュ脱毛です。

毛根に光を当て脱毛を行うので光脱毛とも言われます。

多くの脱毛サロンがフラッシュ脱毛での脱毛を行っています。

フラッシュ脱毛は一定のレベル以下の照射なら医療行為とはされず痛みが少ないことも利点ですよね。

ニードル脱毛のように肌への刺激も少ないので、肌にも優しいです。

敏感肌の人はフラッシュ脱毛がおすすめです。

また、フラッシュ脱毛には嬉しい副効果として美肌効果があります。

脱毛により毛穴が小さくなり目立たなくなり、美白効果が望めます

顔の産毛処理をして肌の美白効果を狙うのもいいですし、デリケートゾーンの着色が気になる人にも嬉しい効果ではないでしょうか。

 

ちなみに、有名な脱毛器「ケノン」もフラッシュ脱毛です。

 

一方、医療機関・クリニックなどでの脱毛は、ほとんどレーザー脱毛になります。

レーザーはメラニン色素に対して反応するので、日焼けをしている人や濃いあざやしみがある部分にはできません。

医療系脱毛と脱毛サロンの違い

医療機関と脱毛サロンの違いは、大きく2つあります。

 

1つ目は使っている機械の違いと、2つ目は医師免許を持った人がいるかどうかです。

 

医療機関では主にレーザー脱毛を使いますが、

レーザーの出力も大きく、脱毛の効果が高くなります。

※脱毛サロンでのレーザー脱毛は、出力が限りなく抑えられています。

 

一方、脱毛サロンで使っている光脱毛などは、医師免許がなくても操作できますが。

出力がレーザーほど高くないため、レーザー脱毛に比べると効果が低いです。

 

最近では病院と提携している脱毛サロンも多くなってきましたが

サロン内にお医者さんがいるわけではありません。

 

医療機関では医師免許を持った医師が脱毛処理を行うため、

肌トラブルが起きた場合でも、速やかに対処できます。

そもそも皮膚科で脱毛を行っているケースもあります。

 

他に大きな違いはというと、金額です。

医療機関はしっかりした機械や技術を使って脱毛するため、高額になりがちです。
サロンは医療機関に比べ、料金は安いです。

 

どちらを選ぶかは、安心感と金額を考慮して考えてみる必要があります。

医療機関で行う脱毛

医療機関での脱毛は最近乱立している脱毛サロンより昔から行われ、

実績が長いので安心して任せられる、という声もあります。

 

医療機関での脱毛は主にレーザー脱毛になります。

きちんとした医師免許を持った施術者に脱毛してもらえるので

レーザーの出力も脱毛サロンより大きく、効果は高いようです。

 

ただ、脱毛サロンの光脱毛よりもどうしても痛みを感じてしまいます。

 

また、お金はかかりますがクリームなどで麻酔をしてもらうこともできます。
これは医療機関ならではのサービスですね。

 

高い出力でレーザー脱毛を受けると、永久脱毛に近い脱毛になります。

毛が濃い人の方がレーザー脱毛の効果が出やすいので、
濃いムダ毛で悩んでいる人は医療機関で脱毛をした方がいいかもしれません。

確実・完全に脱毛をしたい人は医療脱毛を選ぶ人が多いようです。

 

ただ、昔よりはリーズナブルになったとはいえ、サロンでの脱毛に比べると料金が高いです。

 

医療機関脱毛はお客というより患者という扱いになるので、
プライバシーもより配慮してもらえます。

 

さらに医療機関は、強く勧誘を受けることはありません。

そのあたりはサービスではなく、医療行為という側面が大きいですね。

個人脱毛と比べてサロンで脱毛するメリット

サロンで脱毛することのメリットを考えてみましょう。

 

まず、自分では処理できない部分をサロンで処理してもらえます。
背中は自分では手が届きませんし、人にやってもらうとしても誰に頼めば…?

そんな場所でもサロンではキレイに処理してもらえます。

 

また、自己処理をしていては肌トラブルが起こる可能性もありますが、

サロンでは脱毛のプロが専用の機械を使って脱毛するため、

そういった肌トラブルの可能性は低くなります。
もし肌にトラブルが起きた場合でも、すぐに相談できます。

サロンによっては皮膚科と連携しているところもあるので、
相談すればお医者にかかることもできます。

 

一番大きなメリットは、なんといっても脱毛効果の高さではないでしょうか。

 

自己処理ではカミソリ、ワックス、毛抜きなどが一般的ですが、

カミソリやワックスでは表面に出ている毛を取り去ることしかできませんし、

毛抜きを使ったとしても毛根がなくなるわけではありません。

すぐにまた生えてきてしまいます。

結果として何度も処理する必要があります。

 

その点サロンで脱毛すれば、高い効果を得ることができます。

永久ではなかったとしても全体的にムダ毛が薄くなったり、

数年間は完全に生えてこなかったり、と脱毛効果はほとんどの人が実感しています。

 

肌にダメージを与えながらの自己処理脱毛と比べると、

サロンで脱毛することはメリットは大きいでしょう。

レーザー脱毛

レーザー脱毛は医療機関で使われている脱毛方法です。

レーザービームを一本一本の毛母細胞に当てることで毛根そのものにダメージを与えます。

 

永久脱毛に近い脱毛だと言われ、効果も出やすいので、
10回ほど施術を受けると9割くらいのムダ毛がなくなります。

 

このレーザーは黒い色素にしか反応せず、毛根のメラニン色素だけを破壊することができます。
そのため、肌に余計なダメージを与えることがありません。

レーザー脱毛はムダ毛が濃い人、肌が弱い人にオススメの脱毛方法です。

逆にムダ毛を脱色している人などはムダ毛がレーザーに反応しにくいので効果が薄いです。

 

さらにレーザー脱毛はヒゲやVラインなど、毛をデザインしながらでも対応できます。
場所にもよりますが、ニードル脱毛に比べると比較的痛みが少ないです。

 

たまに脱毛サロンでも、レーザー脱毛を行っているところもあります。
ただ、脱毛サロンでは出力が弱いので、効果があまり出ない人もいるようです。

 

レーザー脱毛をする上で注意しないといけないのが、日焼けです。

レーザービームはメラニン色素に反応するので、
肌が日焼けしてメラニン色素が多く発生していると、肌にやけどをしてしまうことがあります。

 

できれば脱毛前3ヶ月から紫外線を避けて、
脱毛後は赤みがひくまで日焼けはしないように気をつけましょう。

 

そう考えると紫外線の少ない秋~冬の間に施術をするのが理想的です。

ニードル脱毛

一時期は脱毛と言えば『ニードル』、という感じでとてもメジャーだったんですが、最近では
あまり聞かなくなりましたね。

どうしてニードル脱毛は人気がなくなってしまったのか?

それは脱毛技術が向上することで他にもっと手軽で効果がある脱毛方法がたくさん出てきたからです。つまりニードル脱毛は、一昔前の脱毛方法になってしまいました。

ニードルとは英語で「針」という意味です。
その名前の通り、ニードル脱毛では「プローブ」という細い針を使って施術します。
これを毛穴に刺してから電気を送って毛根を固めてしまいます。

一本ずつ脱毛することになるのでとても時間がかかりますし、とても痛いです。
医療行為でもあるため、値段もけっこうしますし、技術力が低ければ失敗することもあります。

こう見ると、ニードル脱毛にはデメリットしかないような気がしますが、ニードル脱毛なら永久脱毛に近い効果があります。

また毛の色を選ばないので、体毛が薄い人や金髪の人、白髪の人でも脱毛ができるというメリットもあります。

さらに脱毛個所の全部のムダ毛を脱毛したくない場合、毛を間引いて量を少なくするために使われることもあります。

痛みと費用の関係で最近は人気が落ちてきたニードル脱毛ですが、ニードル脱毛ならではのメリットも多く、一部のサロンではまだまだ行っています。

特徴を押さえ、検討してみるのもいいと思います。

カミソリで処理するとき困ること

自分で脱毛していると、剃り残しがあることがあります。

 

私がよく剃り残してしまうのはうでの内側やひじ・ひざの周辺です。
お風呂場で石鹸を乗せた状態でカミソリをあてるので、泡にまぎれてしまって細かい部分まで剃れていないことがあります。

まんべんなくカミソリをあてたつもりでも、そういう部分は忘れていたりするようです。
また、ひじやひざのムダ毛は細くお風呂場の光の中では見えにくいこともあります。
なかなか産毛まできれいに剃るのは難しいと思います。

 

カミソリはあたっていても、曲線になっているから剃りきれていないこともあるようです。

 

あとはごくたまにですが、カミソリで肌に傷がつくことがあります。
慣れてしまって手元が雑になっているのかもしれませんが、やっぱり刃物なので角度によっては皮膚表面が切れてしまいます。

 

傷はできなくても肌荒れすることがあります。

乾燥肌なので、空気の乾燥した季節は自己処理の後に何もしないでいるとお風呂上がりにすねや肘が粉を吹きやすいです。

脱毛サロン選びを失敗しないために

脱毛サロンを選ぶ上でポイントはいくつかありますが、まずは自分が通える範囲にある脱毛サロンをピックアップしてみましょう。

 

交通の便がいい、通勤で通るなど通い続けることが苦にならないサロンがまずは大事です。

 

いくつかサロンを見つけたら、そのサロンの脱毛方法と料金について調べてみましょう。

最近はどのサロンもHPでおおまかなことはすぐに分かると思います。
ここでサロンの口コミなども忘れずにチェックしておきたいところです。

あまり良い口コミがないようだと、やめておいた方がいいかもしれません。

 

もっと詳細な情報を知りたい場合は、サロンに電話して質問をするか、無料相談を受けましょう。
契約する前に疑問を解消することができれば、失敗することは少なくなります。

 

電話や無料相談の対応などでも、そのサロンの雰囲気が分かると思います。

 

値段に関することは特に念入りに確認が必要ですし、効果がなかった場合の対応なども聞いておけば安心です。

 

まずは下調べをきちんと行うのが失敗するリスクを減らす方法です。

自分が納得できるところで受けたいですよね。

脱毛サロン日前後の注意事項!?

脱毛サロンで施術を受ける前に、脱毛する箇所を自分で処理しておく必要があります。

ムダな毛があると、施術の効果も薄まりますので、効果を最大限に高めるためにも処理は忘れないようにしょう。

脱毛当日に処理すると肌が敏感になってしまうので、できればサロンに行く1~3日前に処理した方がいいです。

 

この場合はカミソリや電気シェーバーなどを使い、毛抜きは使わない方がいいようです。

 

ちなみに、自分では処理できない部分はシェービングサービスを行ってくれるサロンもあります。

通う前にサロンで確認しておいた方がいいでしょう。

 

注意しなければいけないのは、日頃から薬を飲んでいる人、タトゥーなどがある人です。

自分の場合はどうすればいいのかをサロンで聞いてみましょう。

 

冬の時期はインフルエンザの予防注射を受けた人は、施術まで1週間くらい日を空けないといけません。

 

脱毛した後の注意点は、「血行が良くなることをしない」ことです。

具体的には激しい運動や長風呂をしたり、岩盤浴やサウナなどを行うことです。

お酒を飲むのももちろん厳禁です。

 

血行が良くなるとかゆみなどの肌トラブルが起こる可能性があります。

体が温まりすぎるといけないということですね。

当日は入浴もシャワーで済ませるようにするのがいいでしょう。